平成25年度 市町村類型(市)4-3 徴税コスト ランキング


税収の合計額を、目的別支出の総務費に含まれる徴税費(税金を徴収するために掛かった費用)で割って金額を算出。
少し解り難いですが、例えば、税収が100万円、徴税費20万円だとした場合、100万÷20万=5となり『1万使用して5万の税収がある(逆にいえば、5万円の税収を得るのに1万円費やしている)』ということになります。
つまりは、税収/徴税費の数値が大きい程、効率よく税を収入しているということになります。
北海道の例で言うと、一番効率のよいのは泊村で、税収が2,799,279千円に対し、徴税費が45,352千円。税収/徴税費は61.72千円となり、1千円を費やして6万1720円の税収が有るということになります。
逆に北海道で一番効率の悪いのは積丹町。税収が163,206千円に対し、徴税費が41,417千円。税収/徴税費は3.94千円となり、1千円を費やして3940円の税収が有るということになります。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


順位 都道府県 市区町村 市区町村類型 税収合計 徴税費 税収/徴税費 備考
1神奈川県 鎌倉市 4-334,867,988千円670,372千円52.01千円
2兵庫県 川西市 4-319,693,145千円511,501千円38.50千円