平成25年度 市町村類型(町村)1-1 実質赤字比率 ランキング


実質赤字比率とは、4つある健全化判断比率の一つで、自治体の最も主要な会計である「一般会計」等に生じている赤字の大きさを、その自治体の財政規模に対する割合で表したもの。
『誰にでも分かる 自治体財政指標の読み方』によると、『連結実質赤字比率と同様に、自治体の収支が赤字か黒字かを見るための指標ですが、連結実質赤字比率が自治体トータルの収支を見るものに対し、一般会計など税金を主な収入源とする会計だけの収支を見る指標。』とあります。
黄信号の基準は自治体の財政規模により11.25〜15%。
平成22年度では岩手県野田村が9.56%で一番高く、青森県鰺ケ沢町が8.49%、徳島県小松島市が3.29%、福島県金山町が2.97%、大阪府泉佐野市が2.92%、奈良県御所市が1.82%、奈良県大和郡山市が1.43%、奈良県大和高田市が0.33%となっています。上記以外の自治体は0%か、発表されていません。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


順位 都道府県 市区町村 市区町村類型 実質赤字比率 備考
1福島県 只見町 1-10.00%
2青森県 今別町 1-10.00%
3沖縄県 北大東村 1-10.00%
4北海道 中川町 1-10.00%
5熊本県 球磨村 1-10.00%
6北海道 古平町 1-10.00%
7岐阜県 七宗町 1-10.00%
8北海道 京極町 1-10.00%
9福井県 池田町 1-10.00%
10北海道 乙部町 1-10.00%
11福島県 磐梯町 1-10.00%