平成24年度 市町村類型(市)4-1 基準財政需要額 ランキング


「基準財政需要額」とは、普通交付税の算定(普通交付税額=基準財政需要額−基準財政収入額)に用いる額で、地方公共団体が合理的かつ妥当な水準における行政を行い、または施設を維持するための財政需要を一定の方法によって算定した額。

計算式は次の通り。

基準財政需要額=単位費用×測定単位×補正係数

単位費用とは、測定単位(例:市道1メートル)当たりの費用をいう。
測定単位とは、その地方公共団体における状況(例:市道総延長100キロメートル)をいう。
補正係数は、寒冷降雪の状況等に応じた係数(例:降雪地帯は道路に降雪対策が必要なので余計に経費が必要になる等)
実際の基準財政需要額の算定に当たっては、地方公共団体の個々の支出項目(道路費等)をそれぞれ算出し、それらを合計する方法を用いている。

基準財政需要額が基準財政収入額を超える地方公共団体に対して、その差額(財源不足額)を基本として、普通交付税が交付される。
普通交付税の交付に判断される財政力指数は、基準財政収入額÷基準財政需要額の三カ年平均値を使用して計算しています。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


順位 都道府県 市区町村 市区町村類型 基準財政需要額 備考
1東京都 八王子市 4-174,599,908千円
2千葉県 松戸市 4-159,409,112千円
3千葉県 市川市 4-158,519,275千円
4神奈川県 藤沢市 4-156,906,371千円
5東京都 町田市 4-153,699,636千円
6沖縄県 那覇市 4-145,431,841千円
7三重県 津市 4-144,434,097千円
8福島県 福島市 4-142,435,739千円
9北海道 釧路市 4-139,149,928千円
10徳島県 徳島市 4-139,040,715千円
11千葉県 市原市 4-138,691,901千円
12佐賀県 佐賀市 4-137,707,844千円
13島根県 出雲市 4-134,613,714千円
14青森県 弘前市 4-134,391,790千円
15東京都 府中市 4-133,383,823千円
16北海道 帯広市 4-132,065,152千円
17山口県 山口市 4-131,671,935千円
18宮崎県 都城市 4-131,571,355千円
19愛媛県 今治市 4-130,729,807千円
20宮城県 石巻市 4-129,360,614千円
21長野県 上田市 4-128,890,118千円
22北海道 苫小牧市 4-128,873,270千円
23広島県 東広島市 4-128,500,129千円
24三重県 松阪市 4-128,278,602千円
25東京都 調布市 4-127,911,994千円
26兵庫県 伊丹市 4-127,635,660千円
27富山県 高岡市 4-127,445,581千円
28山口県 宇部市 4-127,054,710千円
29東京都 西東京市 4-126,981,626千円
30東京都 立川市 4-126,571,657千円
31埼玉県 上尾市 4-125,809,163千円
32三重県 鈴鹿市 4-125,794,207千円
33東京都 三鷹市 4-125,057,534千円
34大阪府 和泉市 4-125,055,469千円
35京都府 宇治市 4-124,713,645千円
36東京都 小平市 4-123,819,683千円
37岐阜県 大垣市 4-123,733,253千円
38東京都 日野市 4-123,410,261千円
39千葉県 八千代市 4-122,570,989千円
40栃木県 小山市 4-122,096,361千円
41千葉県 習志野市 4-121,940,426千円
42千葉県 浦安市 4-121,175,671千円
43千葉県 佐倉市 4-121,057,811千円
44千葉県 野田市 4-120,551,852千円
45神奈川県 秦野市 4-120,548,277千円
46埼玉県 新座市 4-120,255,006千円
47埼玉県 久喜市 4-120,162,562千円
48茨城県 ひたちなか市 4-120,060,623千円
49東京都 東村山市 4-120,026,101千円
50千葉県 流山市 4-119,990,649千円
51埼玉県 狭山市 4-118,815,340千円