平成24年度 市町村類型(市)3-3 基準財政需要額 ランキング


「基準財政需要額」とは、普通交付税の算定(普通交付税額=基準財政需要額−基準財政収入額)に用いる額で、地方公共団体が合理的かつ妥当な水準における行政を行い、または施設を維持するための財政需要を一定の方法によって算定した額。

計算式は次の通り。

基準財政需要額=単位費用×測定単位×補正係数

単位費用とは、測定単位(例:市道1メートル)当たりの費用をいう。
測定単位とは、その地方公共団体における状況(例:市道総延長100キロメートル)をいう。
補正係数は、寒冷降雪の状況等に応じた係数(例:降雪地帯は道路に降雪対策が必要なので余計に経費が必要になる等)
実際の基準財政需要額の算定に当たっては、地方公共団体の個々の支出項目(道路費等)をそれぞれ算出し、それらを合計する方法を用いている。

基準財政需要額が基準財政収入額を超える地方公共団体に対して、その差額(財源不足額)を基本として、普通交付税が交付される。
普通交付税の交付に判断される財政力指数は、基準財政収入額÷基準財政需要額の三カ年平均値を使用して計算しています。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


順位 都道府県 市区町村 市区町村類型 基準財政需要額 備考
1北海道 小樽市 3-327,348,997千円
2福岡県 飯塚市 3-324,202,906千円
3東京都 青梅市 3-318,788,440千円
4神奈川県 海老名市 3-316,349,269千円
5奈良県 生駒市 3-316,111,059千円
6岐阜県 多治見市 3-315,334,497千円
7静岡県 三島市 3-314,692,700千円
8福岡県 春日市 3-313,654,920千円