平成23年度 市町村類型(市)2-3 徴収率(現年度) ランキング


現年度の徴収率をランキング。
決算カードでは、市町村民税、純固定資産税の徴収率として掲載されています。
徴収率は数値が小さい方が悪い結果となります。100%であれば、全て徴収できていることになります。
徴収率を少しでも上げるため、インターネット公売、都道府県と市町村が合同で「税滞納整理機構」を立ち上げる、など各市区町村で様々な取り組みを行なっています。
そのためか、各市町村でかなり違いがありますね。
年々徴収率が良くなっている自治体もあれば、横ばい、悪くなっている自治体もあり、自治体ごとの徴収率向上に対する取り組みが、反映されています。

市町村毎に、徴収率がどのように推移しているか、グラフにしてみました。以下も参考にして下さい。
市町村民税、固定資産税未徴収率(徴収率)の推移

その他、固定資産税、市町村民税の徴収率は下記を参照して下さい。
市町村民税徴収率(現年度) ランキング
純固定資産税徴収率(現年度)ランキング
徴収率(累計) ランキング
市町村民税徴収率(累計) ランキング
純固定資産税徴収率(累計) ランキング



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


順位 都道府県 市区町村 市区町村類型 徴収率(現年) 備考
1京都府 長岡京市 2-399.00%
2神奈川県 逗子市 2-398.80%
3大阪府 交野市 2-398.80%
4北海道 室蘭市 2-398.80%
5宮城県 名取市 2-398.70%
6奈良県 桜井市 2-398.50%
7福岡県 田川市 2-398.20%
8福井県 敦賀市 2-398.00%志賀原子力発電所、もんじゅ
9大阪府 阪南市 2-397.90%
10奈良県 大和高田市 2-397.60%
11宮城県 塩竈市 2-397.60%
12北海道 登別市 2-397.50%