平成22年度 市町村類型(市)1-3 財政力指数 ランキング


財政力指数とは、地方公共団体(都道府県、市区町村)の財政力を指数です。財政力指数の計算方法は、基準財政収入額÷基準財政需要額となります。
単純に考えると、収入額÷支出額で計算しているので、
例えば、収入額が100万、支出額が40万だとした場合、100万÷40万=2.5となります。
収入額が100万のままで、支出額が80万だとしたら、100万÷80万=1.25。
収入額が100万のままで、支出額が120万になると、100万÷120万=0.83となり、収入額に対する支出額が増える程、数値が小さくなります。
したがって、財政力指数は数値が大きいほど財政に余裕があることになります。

地方公共団体が、国から貰う地方交付税普通交付税)は、財政力指数を基準に交付する/しないを判断しています。
財政力指数が「1.0」を超えた場合は、裕福な団体(支出より収入が多い)のため地方交付税は貰えません。

財政力指数が上位に来るのは、発電所がある団体、大企業がある団体、超有名観光地、大都市が高い傾向にあります。逆に北海道、九州の団体は低い傾向にあるようです。
平成22年度、全国で一番財政力指数が高いのは、愛知県飛鳥村で2.55。2位が茨城県東海村の1.69なので、ブッチギリ1位です。
逆に一番低いのは、鹿児島県三島村の0.05となります。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


順位 都道府県 市区町村 市区町村類型 財政力指数 備考
1静岡県 熱海市 1-30.96
2宮城県 岩沼市 1-30.79
3岐阜県 瑞浪市 1-30.66
4福岡県 中間市 1-30.46
5和歌山県 新宮市 1-30.40
6北海道 留萌市 1-30.32
7鹿児島県 奄美市 1-30.26
8北海道 赤平市 1-30.21
9北海道 歌志内市 1-30.12