平成22年度 市町村類型(市)1-3 人口増減率 ランキング


決算カードに記載されている、住民基本台帳人口の人口増減率をランキング。
今年度の年度末(年度末は3月31日の日付になります)の日付と前年度の年度末の日付の人口で計算しています。
具体例として、平成22年度版の決算カードでは、現年度末は平成23年3月31日、前年度末は平成22年3月31日になります。
計算式は、(現年度末人口-前年度末人口)/現年度末人口*100で計算。東日本大震災後である、平成23年度の人口増減率を見ると、最も減少率が高いのが岩手県大槌町で20.605%の減となっています。
他、宮城県女那川町、岩手県陸前高田市、宮城県山元町、宮城県、南三陸町、福島県富岡町、岩手県山田町、福島県浪江町と東北地方沿岸部の減少率が高くなっています。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


順位 都道府県 市区町村 市区町村類型 前年度末人口 現年度末人口 増減数 増減率 備考
1和歌山県 新宮市 1-332,380人32,124人-256人-0.796%
2宮城県 岩沼市 1-344,308人43,903人-405人-0.922%
3鹿児島県 奄美市 1-346,926人46,435人-491人-1.057%
4岐阜県 瑞浪市 1-340,020人39,582人-438人-1.106%
5静岡県 熱海市 1-340,281人39,828人-453人-1.137%
6福岡県 中間市 1-345,606人45,010人-596人-1.324%
7北海道 留萌市 1-325,021人24,489人-532人-2.172%
8北海道 赤平市 1-312,877人12,508人-369人-2.950%
9北海道 歌志内市 1-34,589人4,425人-164人-3.706%