平成25年度 栃木県 基準財政需要額 ランキング


「基準財政需要額」とは、普通交付税の算定(普通交付税額=基準財政需要額−基準財政収入額)に用いる額で、地方公共団体が合理的かつ妥当な水準における行政を行い、または施設を維持するための財政需要を一定の方法によって算定した額。

計算式は次の通り。

基準財政需要額=単位費用×測定単位×補正係数

単位費用とは、測定単位(例:市道1メートル)当たりの費用をいう。
測定単位とは、その地方公共団体における状況(例:市道総延長100キロメートル)をいう。
補正係数は、寒冷降雪の状況等に応じた係数(例:降雪地帯は道路に降雪対策が必要なので余計に経費が必要になる等)
実際の基準財政需要額の算定に当たっては、地方公共団体の個々の支出項目(道路費等)をそれぞれ算出し、それらを合計する方法を用いている。

基準財政需要額が基準財政収入額を超える地方公共団体に対して、その差額(財源不足額)を基本として、普通交付税が交付される。
普通交付税の交付に判断される財政力指数は、基準財政収入額÷基準財政需要額の三カ年平均値を使用して計算しています。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地図データは、白地図、世界地図、日本地図が無料【白地図専門店】さんの素材を使用し、作成しております。
 
  • 20000000 以上
  • 18000000 - 20000000
  • 16000000 - 18000000
  • 14000000 - 16000000
  • 12000000 - 14000000
  • 10000000 - 12000000
  • 8000000 - 10000000
  • 6000000 - 8000000
  • 4000000 - 6000000
  • 4000000 未満

順位 都道府県 市区町村 市区町村類型 基準財政需要額 備考
1栃木県 宇都宮市 中核市73,260,687千円
2栃木県 小山市 4-122,687,847千円
3栃木県 栃木市 3-121,979,509千円
4栃木県 足利市 4-221,914,402千円
5栃木県 佐野市 3-119,206,972千円
6栃木県 那須塩原市 3-119,013,745千円
7栃木県 日光市 2-117,061,135千円
8栃木県 鹿沼市 3-116,438,903千円
9栃木県 大田原市 2-013,685,928千円
10栃木県 真岡市 2-012,337,384千円
11栃木県 下野市 2-19,116,210千円
12栃木県 さくら市 1-17,202,426千円
13栃木県 那須烏山市 1-06,281,110千円
14栃木県 壬生町 5-25,973,061千円
15栃木県 矢板市 1-05,731,544千円
16栃木県 那須町 5-25,406,699千円
17栃木県 上三川町 5-14,900,294千円
18栃木県 那珂川町 4-14,617,774千円
19栃木県 高根沢町 5-24,544,100千円
20栃木県 益子町 5-13,986,036千円
21栃木県 野木町 5-23,710,167千円
22栃木県 茂木町 4-23,697,148千円
23栃木県 岩舟町 4-13,340,162千円
24栃木県 芳賀町 4-13,287,507千円
25栃木県 塩谷町 3-13,025,110千円
26栃木県 市貝町 3-12,546,113千円