目的別歳出の年度別構成比推移

全国市区町村2004‐2012年の目的別歳出構成比の推移をグラフで作成。
目的別歳出とは、経費をその行政目的により分類したものです。 具体的には、議会費、総務費、民生費、衛生費、労働費、農林水産業費、商工費、土木費、消防費、教育費などがあります。
各市区町村が「どの”目的”のために、どのくらいの”割合”でお金を使ったか」がわかります。

2007年に財政破綻した夕張市をみると、2010年には支出が見た目は正常に戻りつつあるというのが分かります。 歳入の状況を見ると、2009年に発行している地方債の影響でしょうか。 2007‐2009年は、前年度繰上充用金(翌年度の歳入を繰り上げて,当該年度に充てること。来月の給料を前借りするようなこと。)の比率が、物凄い割合になっています。

※全国平均、都道府県毎の平均を追加してみました。
全国平均を見ると、民生費の割合が明らかに増えています。その分、他の目的の割合(特に公債費、土木費)が減っています。

下記の制限事項がありますので、ご了承くださいませ。
・構成比の計算で端数が出るので、すべての構成比を足しても100%になっていない市区町村データがある。
・合併で新しく増えた市町村は、グラフが表示されない。
・たまに、グラフが表示されない場合有り。なんどか同じ市区町村をクリックすると、表示されます。
グラフは、EXT JS4を使用。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加



北海道














































To TOP