児童福祉費の年度推移

全国の市区町村の児童福祉費が年度別にどのように推移しているか、地方公共団体別にグラフ化。
児童福祉費とは、子供への福祉に関わる費用となります。内容は児童手当、児童扶養手当、民間の保育園への助成、児童福祉に関わる職員の人権費などとなります。
民主党政権の”子ども手当”で2010、2011年度の金額は増加しています。
それ以外でも少子高齢化が進んでいるのに、毎年児童福祉費の支出が毎年増えている自治体が多いようです。
増加している理由は、子供に対する医療の無料化、保育所本人負担の軽減などが考えられるようです。
市町村の民生費の目的別の内訳をみると、児童福祉費の割合が最も大きく、老人福祉費社会福祉費生活保護費、災害救助費の順となっています。
都道府県の目的別の内訳は、老人福祉費、社会福祉費、児童福祉費、生活保護費の順となります。
参照:総務省:地方経費の内容


グラフは、EXT JS4を使用


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道














































To TOP