地方交付税の推移

全市区町村の地方交付税が年度別にどのように推移しているか、地方公共団体別にグラフ化。 地方交付税とは、各地方公共団体の歳入の不均衡をなくするため、国税として徴収した税金を、地方公共団体に配分される金額です。
地方交付税には『普通交付税』、『特別交付税』の2種類があります。
普通交付税』とは、地方公共団体の行政運営に必要な経費に対する財源不足額に見合う額として交付される金額。
逆をいうと、財源が十分確保できている地方公共団体には、普通交付税は交付されません。 普通交付税を交付する/しないの判断は、財政力指数で行われます。財政力指数が1.0を上回っている地方公共団体には、地方交付税が交付されない、ということになります。 『特別交付税』とは、普通交付税で措置されない個別、緊急の財政需要に対する財源不足額に見合う額として交付される金額。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加



北海道














































To TOP